[596]  [595]  [594]  [593]  [592]  [591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586

『たき火』
日差しは春の気配を感じるも、北の風寒くまだまだ冬まっ盛り。
アウトリガーカヌー島から島へ漕ぎ渡り(10分ぐらい?)
無人島(長者ヶ先・・・)に上陸。
海はキラキラと透明度も高く若布の新芽がゆらゆらと美しい海。

上陸してすぐに火をおこさねば〜と薪拾い。
時折奇麗な貝殻に気を取られ。  



火付け用の良く燃える木と少し大きめの長く燃えてくれる木を集め。

北の風が強く肌寒いため裏側に回り風を躱し反対側の浜に移動。
風もなく日差しポカポカといい感じです。
まずは基地?作り。

みんな子供に戻りにぎやかに。


いい基地が出来ました!!

さて火をつけて行きましょう。


この日の為に用意した『スノーピークスの焚き火台
(この冬は欠かせないアイテムになるかも。。。)


あるもので全て完結しよう!!と言う事で紙も燃焼材もアドバイスも無し。
まずはアーでもないコーでもないと試しながら〜


中々火がつきません。

おっ火がついた!!

うーん消えてしまいました。

さー考えよ〜

みんな子供みたいに大はしゃぎ。


試行錯誤の末すすきの穂が良くも燃える事を発見。


いい感じに火がついてきたよ〜





さ〜今度は消さないように!!

完璧です。
火をおこすってのは以外に大変ですね。
今回はライター使いましたが、今度はマッチで火おこし、その次は何も無い所から?



皆でおこした火を囲み皆で持ち寄った食材でお楽しみ!!
ご参加頂いた皆さまありがとうございました。


次回はライター使いませんよ〜

Enter your comments!
NAME 
TITLE 
COLOR 
E-MAIL 
URL 
COMMENT 
PASSWORD     コメント修正時のパスワード(半角英数字)
Template by Crow's nest