おはようございます。スタッフのエミコです。

あっという間5月後半になり、6月になろうとしています。次第に暑くなってきて薄手の服が増えてきました!そんな中、5月21日(日)にドラゴンボートのレースに出場してきました!
大学の部活を引退した後にドラゴンボートチームに所属し、現在team「河童」として活動させていただております。
今回は、東京大会が私のデビュー戦でした!
ここで、ドラゴンボートの説明を少し挟みます(笑)ドラゴンボートは、1名の太鼓、10名~20名の漕ぎ手、1名の舵取りで行う競技で、オープンの部、混合の部、女子の部、シニアの部、ジュニアの部など様々な競技カテゴリーで開催されており、日本各地の海や川や湖で行われている、老若男女が楽しめるスポーツです。
今ではレースとしてアジアから世界へ広がっています。ドラゴンボート(龍舟)とは、古代中国で生まれた世界最古の手漕ぎ舟の競漕であると言われています。 
東京大会では、20人乗りの艇でレースが行われました!
私がこの大会で驚いたことがあります!それは、東京湾に面したお台場の海浜公園でのレースだったということです!
レインボーブリッジが目の前にあり、角度を変えればフジテレビ。観光客で賑わうそこは本当にドラゴンボートができる場所なんだろうかと疑うほど不思議な光景でした!

今回、関西から関東に来たメンバーです!関東支部は私を含めて3名です!
大会前日に合流しました!関西弁が懐かしくて周りを巻き込む雰囲気は本当にすごいなと改めて思いました!
メンバーの皆さんはとても明るくて、元気な方ばかりです!


レース当日はかんかん照り。木陰がないと暑くて暑くて、水分が足りなくなるほどでした。

このレースには、全員が同じユニフォームを着なければなりません。
初着用の河童ユニフォーム!新鮮でした!笑


暑い熱い一日でした。結果は2位でしたが、次に繋がる大切な時間と経験になりました!
東京組も違和感なくチームに加わり、それぞれが自分のできることを自主的にやろうと行動すれば、チームの雰囲気が良くなることがわかりました。「チームのためにと行う」ことは仲間作りには大切なことです。
たった1日でしたが、レース前の緊張感や全員での話し合い、1人ひとりが仲間を支え、盛り上げ、引っ張りあげていこうとする思いをこの目で見て感じることができました。
 
河童でレースができてよかったです。たった3レースでしたが、気力体力を使い果たしました。


監督、コーチ、キャプテン、事務局さん、広報さん、トレ係さん、河童のメンバーさんたち、本当にありがとうございました!
貴重な体験をさせていただいてありがとうございました!

 
Template by Crow's nest