こんにちは、スキンダイビング・インストラクターの武藤です。
暖かくなって来て、日差しに誘われて海に飛び込みたくなる季節がやって来ましたね!
水に入っているだけで、気持ちよい季節、一年中潜っている私もこの季節がやって来るとやはりワクワクして来ます。
今年の夏はぜひスキンダイビングをやってみたい、という方も多いのではないかと思いますが、まさに今が、素潜りを始めるのにはぴったりの季節です♪

でも最初はどんな道具が必要なのか、わからない方も多いと思います。
そんな方のために、GULLスノーケリング&スキンダイビング機材から、厳選したオススメ機材をピックアップした試着会&お得なキャンペーンを実施します!
キャンペーン詳細はぜひ、こちらをごらんください。(15%、超お得ですよ!)
2018年4月28日(土)〜5月6日(日) BEACH葉山にて。
期間中の2回(5/1と5/6の午後)にはフィッティング・相談会も行いますのでぜひご活用ください。
そしてこの機会に、以前から私がこれだけはお伝えしたいと思っていた機材選びのポイントをお伝えしたいと思います。
それは、、、
●素潜り機材は「水中での身体の一部」と思うべし
●フィンはブーツと合わせて履くべし
この2つです!


●素潜り機材は「水中での身体の一部」
素潜りに必要な機材一式は「マスク・スノーケル・フィン」これが素潜りの三種の神器ならぬ、「三点セット」と呼ばれるものです。
「素潜り」とはいえ、やはり道具が必要です。人間は陸上の生物。人間に生まれた以上は、たとえジャック・マイヨールのような素潜りの達人でも、何一つ身につけない生身で水中に長く留まる、ということはできません。陸上とは違う異世界で自由に動き回るための、最低限必要な道具がこの「三点セット」なのです。
これは道具というより水中での「身体の一部」と考えてください。練習を積むことで道具がまるで体の一部のように感じられ「素」のまま海にいるような感覚を得られます。安全のため、上達のためには自分の体にピッタリと合った最適な道具がとても大切です。
壊れかけた、古い道具を使っている、という方。それは怪我をしたまま潜るようなものです。体のコンディションを整えるように、道具もしっかり整えて海に入りましょう!

また、機材を変えたらグン、と上達する、というケースも実際よくあります。体に合った機材を身につけているうちに、自然と水中で無理のない動きが出来るようになり、次第にフォームの無駄がなくなっていきます。良い機材は上達への近道でもあります。

無駄がない=美しい
無駄がない=水中で苦しくならない

というわけで水中で美しく、楽に、より深く長く潜りたい、という方はしっかりした道具を選んでくださいね。
●フィン選びの鉄則:フィンはブーツと合わせて履く
3点セットのうち、最も慎重にフィッティングして選びたいものがフィンです。

素潜り用のフィンは「フルフット(足がすっぽり入る)」足首がまっすぐに伸ばせ、楽に動くものがおすすめです。体にぴったり合ったフルフットフィンは、そのうちまるで自分から生えている足ヒレのように感じられるようになります。(かかとでサイズ調整ができるストラップ式のものは、調整がきく、という利点はありますがフィット感では劣るため素潜りにはお勧めしません)

マスクやスノーケルについては好みやデザインでも選んでいただけるよう、今回もいくつかの種類をピックアップしています。

が、フィンに関して、私のオススメは迷いなくこの一択!一家ならぬ一人一台持っていても無駄はない、と言っても過言ではない定番優秀フルフットフィンが「MEW(ミュー)」


初心者から上級者まで、浅瀬から深場まで使えます。大切に使えばかなり長持ちするフィンですので、最初にしっかり試着をして、ぴったり合うものをぜひ、選んでください!
そしてここがとっても、大切なのですが
「フィンは、素足ではなくブーツに合わせる」ということです。

素足サイズに合わせてなんとなくネットでフィンを買ってしまい、実際海でブーツに合わせようとしたら入らなかった。。という悲劇をしばしば見かけます。
素潜りだから「素足」でフィンを履くと思われがちですが、実際に、葉山をメインに海で素潜りをする場合は、素足では、行ける場所、入れる季節が限られてしまいます。 

足底がしっかりとした厚手のブーツがあれば

・岩場を歩いてエントリーしたり、沖合で岩に上陸したり

・透明度バグツンの寒い時期に潜ったり、

と、格段に素潜りの幅が広がります。  

ちなみに私自身も、海でのスキンダイビングでは必ずブーツを合わせています。よほど足の皮が分厚くて丈夫、真冬でも裸足で大丈夫、というターザンみたいな人(武藤はこれまでの素潜り人生でもこんな人には数人しか出会ったことはありません)以外は・・
ぜひ!「ブーツinしてフィンを買いましょう」
そして「ぜひとも試着をしてください!」
と選挙カーのごとく声を大にして繰り返しお伝えします。

今回のBEACH試着会では、ほぼ全サイズのMEWブーツをご用意しています。

MEWブーツは3mm、5mmと種類がありますが、暖かい季節中心の方は3mm、真冬の海も潜りたい方は5mmを基準に選ぶと良いと思います。どちらを優先するか、など悩む方はぜひ相談会においでください。

なお、MEWにはMEWブーツが勿論最適ですが、お手持ちのサーフブーツやマリンシューズで、足首が自由に柔らかく動くものであれば、フィンブーツとして使えるものもあります。その場合は、着用予定のブーツをぜひ持ってきて、フィンと合わせてフィッティングしてみてください。

ブーツを合わせて履いて「ちょっとユルめ」「ちょっとキツめ」で迷ったら、たいていの場合は「ちょっとユルめ」を選択した方が良いかと思います。フィンはシンデレラの靴のように1mmも違わずぴったり、である必要はありません。長時間海で履いて痛くならない、着脱がしやすいものを選びましょう。
今回のキャンペーン期間中は私も機材フィッテイングや相談会をいたします。
機材選びで迷ったら、ぜひ何なりとご相談くださいね。
最後に、もうひとつ大事なことがありました。
それは、「機材には名前を書きましょう」ということです。
良い製品を選ぶと、どうしても似通った機材になってしまうので、ぜひお名前を書くことをお勧めします!ご自分にわかる小さなマークなどでもokです。
昨日のレッスン後、自分の機材と人の機材を間違って持ち帰ってしまったインストラクター武藤でした。

「冬のスキンダイビング、装備のコツ」説明&相談会 by武藤由紀


日々寒さが増してくるこれからの季節ですが、
年末から年明け1-2月にかけて葉山の海中は透明度が増し、一年で一番美しい季節を迎えます。
透明度は20mを越え、白砂にブルーの葉山の海の中はこの季節のスキンダイバーだけが味わえる世界です!


とはいえ、
素潜りを安全に快適に楽しむためにも、そしてスキルアップのためにも、
冬の素潜りは装備が最重要となります。


「どんなウェットスーツを着れば良いのか」


「グローブやフードなどのアイテムは?」


「重りはどのくらい必要なのか?」


など皆さんからよく頂くご質問への回答を中心に、冬の素潜り装備や、快適に潜るためのコツをお話します。
レッスン前後に、お気軽にお立ち寄り下さい!

【日時】
2015年11月21日(土)
(1)9:30-10:00 (2)16:00-16:30
※BEACH葉山会員限定
※予約不要、直接BEACH葉山スタジオAJITOにお越しください。

 


Template by Crow's nest